アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  • 日文
  • 英语
  • 中文
 
  1. HOME>
  2. CSR>
  3. 自然とのかかわり>
  4. 環境マネジメント

環境マネジメント

基本的な考え方

アイシン・エィ・ダブリュは、「品質至上」の経営理念のもと「自然・社会への貢献」を達成するために、「環境方針」を定め、全員参加で環境保全活動に取り組んでいます。

環境方針

  • 1. 開発から販売に至る企業活動に適した環境マネジメントシステムを構築し、本方針に基づいた目的および目標をグローバルに設定し、計画的な実践と見直しにより、環境マネジメントシステムの 継続的改善を進める。
  • 2. 国、地方公共団体の環境に関する規制(法規制、公害防止協定等)及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、汚染の予防活動を展開する。
  • 3. ライフサイクルを考慮した地球にやさしい新製品・技術開発及び環境に配慮したものづくりを推進する。
  • 4. 資源、エネルギーの有効活用、環境負荷物質低減、物流の効率化、再利用等の活動を拡大し、実施する。
  • 5. 自然・環境保護活動を推進する。
  • 6. 環境方針を文書に定め、全従業員に周知徹底し実行を促す。
  • 7. 環境方針を含め、環境保全活動を公開する。

推進体制

環境方針を具現化するために、方針管理のしくみのなかで職制活動として展開しています。事業活動の中で特に重要な項目に対して、環境委員会の各分科会で重点的に審議する体制をとっています。また、AWグループとして活動を展開するために、情報を共有化しています。なお、2016年度から2020年度までの環境行動の指針・計画である第6次アイシン・エィ・ダブリュ環境取組プランを策定しました。

推進体制の図

ISO14001国際規格への対応

環境保全への取り組みをより強固にするために、また、透明性を確保し信頼性を高めるためにISO14001国際規格の認証を全社一括で取得しました。

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社として全部門を対象に1999年7月24日に認証取得しました。
本社工場、工機部、試作部(共に安城市)、岡崎工場、岡崎東工場(共に岡崎市)、田原工場(田原市)、蒲郡工場(蒲郡市)、吉良製造部(西尾市)、オーキス・ジャパン株式会社(岡崎市)の8サイトが含まれています。

ISO014001登録証

ISO014001登録証

環境教育

環境保全活動を支える最も大切なものは人材であると考えています。環境保全のためには社員一人ひとりが環境問題を認識し、それぞれの役割を自覚し全社員で取り組むことが重要です。
社員一人ひとりの力を成果に結び付けるために環境教育を継続的に行っています。

環境教育体系

環境教育体系

環境会計

環境会計は、事業活動に起因する環境負荷を低減する目的で支出した『環境保全コスト』とその活動により得られた『環境保全効果(物量効果・経済効果)』を把握し、環境保全への取り組み度を評価するものです。

2016年の環境保全コストは112億円となりました。
これは売上高の約1%に相当します。
また、環境保全効果(経済効果)は17億円となりました。

今後も積極的な情報開示を進めるとともに、環境経営の視点からより効果的な経営管理ツールとしてのレベルアップを図り、環境保全活動の効率化に繋げていきたいと考えています。また、連結対象グループ会社との『連結環境会計』を積極的に導入していきます。

ページの先頭へ
  • ニュース&トピックス
  • 採用情報
  • 展示会情報
  • 調達情報
  • AW流ものづくりの神髄
  • AW SPORTS

Copyright(C) AISIN AW CO.,LTD. All Rights Reserved.