アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  • 日文
  • 英语
  • 中文
 
  1. HOME>
  2. CSR>
  3. CSRへの取り組み>
  4. コンプライアンス

コンプライアンス

アイシン・エィ・ダブリュは、コンプライアンスの徹底を、「アイシングループ企業行動憲章」で宣言しています。

アイシングループ企業行動憲章

個別の方針

アイシングループでは、重要なコンプライアンスの個別分野について、アイシングループ企業行動憲章を具体化・補充するものとして、以下の方針を定めています。

基本的な考え方

コンプライアンスの確立には、地道で着実な取り組みが必要であり、企業行動倫理委員会といった「仕組み」と一人ひとりのコンプライアンス意識を高める「人材育成」を2本柱として取り組みを進めています。

体制

アイシン・エィ・ダブリュでは、2005年11月に、社長を委員長とし、全取締役、執行役員(非常勤を除く)と全監査役(非常勤を除く)をメンバーとした「企業行動倫理委員会」(事務局:法務部)を設置し、各国・地域・企業の特性に応じて活動を展開しています。

また、各部署・国内外のAWグループ各社に、コンプライアンスの推進役として、1名以上のコンプライアンス推進者を設置し、コンプライアンスの浸透・定着を図っています。さらに、国内外のAWグループ各社のコンプライアンス推進者と定期的に情報・課題を共有し、AWグループとしてコンプライアンスの推進に努めています。

相談・通報窓口

従業員およびその家族の方や協力企業の皆様からのコンプライアンスに関する通報・相談については、「倫理相談窓口」を社内(法務部)と社外(法律事務所)の2ヶ所に設置し、早期発見と解決に努めています。

窓口に寄せられる通報・相談については、通報・相談者を保護するため、氏名・内容などを秘密とすることを規程に明記すると共に、窓口を利用した人がそのことを理由に、解雇、減給、降格などの不利益な扱いを受けることがないよう研修などの啓蒙活動を通して徹底しています。

従業員への周知徹底

アイシン・エィ・ダブリュでは、法令の周知、コンプライアンス意識の向上を図るために階層別研修におけるコンプライアンス教育に加え、独占禁止法、下請法、安全保障輸出管理などをテーマとした研修を定期的に実施しています。

また、社内の従業員に対して、社内報やイントラネットなどを活用し、法令やモラルやマナーに関して意識向上を図っています。

このほか、毎年10月を「アイシングループ企業行動倫理強化月間」と定め、全社、およびAWグループ各社のコンプライアンス意識の向上に努めています。

2010年より、コンプライアンス意識調査を実施し、コンプライアンス活動の浸透度合いや潜在的な法令違反リスクの調査を行っています。

コンプライアンス研修会

ページの先頭へ
  • ニュース&トピックス
  • 採用情報
  • 展示会情報
  • 調達情報
  • AW流ものづくりの神髄
  • AW SPORTS

Copyright(C) AISIN AW CO.,LTD. All Rights Reserved.