アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  • 日文
  • 英语
  • 中文
 
  1. HOME>
  2. 技術開発>
  3. 生産技術開発

生産技術開発

AWは「革新的ものづくり」をめざしています。

当社では、生産技術の研究・開発拠点として、「ものづくりセンター」を設置。
開発・生産技術・製造各部門の枠を越えて、三位一体の体制で、工法、設備、生産システム、品質について深く掘り下げ、革新的技術の研究・開発を行っています。

ものづくりセンター

ものづくりセンターでは、エネルギーを必要としない設備の無動力化や小型化、高速加工技術、工程の集約など、革新的なものづくりを追求しています。

AW流ものづくりから生まれた革新的設備

からくりなどのアイディアを取り入れ、開発、生産技術、製造が一体となって革新的な設備が次々に生み出されています。
この活動が評価され、2011年に日本品質奨励賞 品質革新賞(日本科学技術連盟)を受賞しました。

ドリームキャリー

茶運び人形の“からくり技術”をヒントに、製品自体の重さで次工程に運び、スプリングの力で元の場所に戻るという仕組みを取り入れ、電気などの動力源を必要としない自動搬送装置です。

2005年 第1回ものづくり日本大賞(特別賞)受賞

マイルド浸炭プロセス

熱処理技術として、真空浸炭と高周波焼入れを組み合わせることにより、処理時間とライン長を大幅に削減。加えてCO2排出量も大幅に減らすことに成功した、革新的な熱処理技術です。

2016年 顧客技術開発賞受賞
2012年 日本熱処理技術協会 技術開発賞受賞
2007年 第2回ものづくり日本大賞(経済産業大臣賞)受賞

からくりカシメ機

マジックハンドの原理を応用し、ワークのカシメ、着脱など5つの動作を1つのモータで行うことで低コスト、省スペースを実現しました。

2007年 第2回ものづくり日本大賞(優秀賞)受賞

カイテキゴクセマライン

従来ラインから、設備の小型化や高速加工、工程集約を徹底することにより、大幅に工程数、ラインスペースを減らし、小型ラインを実現。省エネルギー化や低コスト化にも貢献しました。

2007年 顧客技術開発賞受賞

ヘリカルギヤの冷間鍛造技術

金型を多段動作させることにより、材料流動を制御して材料が流れる部位を設けることで、金型に材料を充満させることを可能とし、冷間鍛造におけるヘリカルギヤ製造の実用化に成功しました。

2009年 日本塑性加工学会 技術開発賞受賞

釣瓶落とし式『無動力AT組立生産ライン』

AT組み立てラインのコアとなる工程のほとんどが無動力で可動し、作業負荷を減らすことにより、女性でも組み立てを行えるラインを実現しました。

2009年 第3回ものづくり日本大賞(経済産業大臣賞)受賞

複動1ストロークプレス

ATの高精度なプレス部品を1型で成形する革新的なプレス機です。この開発により従来の大型プレスから大幅に小型化することに成功してコスト・スペース・在庫低減で大きな効果を実現しました。

2015年 第6回ものづくり日本大賞(経済産業大臣賞)受賞
2013年 日本鍛圧機械工業会 MF技術大賞受賞
2012年 日本塑性加工学会 学会大賞受賞
2010年 顧客技術開発賞受賞

冷暖同時ヒートポンプシステム

生産ラインで発生する廃熱を利用し、熱交換により温熱・冷熱を効率よく供給。従来の蒸気での加温、冷却装置での冷却が不要となりCO2の削減に大きな効果を実現しました。

2012年 省エネ大賞資源エネルギー庁長官賞

AW流ものづくりの真髄。ダントツ世界No.1を目指す革新と伝承

高い目標を掲げ、品質や生産性の向上に取り組むアイシン・エィ・ダブリュ。

技術・生産技術・製造の観点から、「AW流ものづくりの真髄」に迫る。

AW流ものづくりの真髄

ページの先頭へ
  • ニュース&トピックス
  • 採用情報
  • 展示会情報
  • 調達情報
  • AW流ものづくりの神髄
  • AW SPORTS

Copyright(C) AISIN AW CO.,LTD. All Rights Reserved.