アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  • 日文
  • 英语
  • 中文
 
  1. HOME>
  2. 製品事業>
  3. 駆動系>
  4. 教えて!AT・CVT・ハイブリッドシステムの仕組み:ハイブリッドシステム

教えて!AT・CVT・ハイブリッドシステムの仕組み

オートマチックトランスミッションは、エンジンの力をタイヤに伝える、重要な部品です。
現在では、多くの車に採用されている変速システムですが、非常に複雑で精密な構造になっています。
ここでは、AT、CVT、ハイブリッドシステムの仕組みについて、分かりやすく紹介します。

  • AT
  • CVT
  • ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステムとは?

自動車は、エンジンを使って走り、電気自動車はモータを使って走ります。
ハイブリッド自動車は、2つのエネルギー、つまり「ガソリンで動くエンジン」と「電気で動くモータ」を組み合わせて動くクルマのことを言います。
ハイブリッドシステムは、この2つのエネルギーを効率よく使いわけることで、ガソリンの消費量を抑え、燃費の向上に貢献しています。

ハイブリッドシステムの種類

ハイブリッドシステムは大きく分けて3つの種類に分けられます。
AWのハイブリッドシステムは、走行状況に応じてエンジンとモータを上手に使い分ける「スプリット方式」を採用しています。
なぜなら、走る状況に合わせて最も効率の良い走り方を自動的に判断して走るため、燃費性能に優れているからです。

パラレル方式

エンジンによる走行がメイン
主にエンジンの力を使って走る発進時・加速時など、大きな力が必要な時は、モータがエンジンをサポート。
減速時など、力がいらない時は、モータが発電機として充電させる仕組みです。

スプリット方式(シリーズ・パラレル方式)

エンジンとモータを上手に使い分けて走る
エンジンとモータの力を上手に使い分けて走るのが特長。
発進・低速時はモータのみで走行。速度が上がるとエンジンとモータを使って効率よく走ります。

シリーズ方式

モータのみで走る電気自動車
エンジンは発電機を回すためだけに使用します。
発電された電気を使ってモータを駆動し、クルマは走ります。
燃費性能は良いのですが、搭載する発電機やモータが大型化するため、採用例は少ないです。

ハイブリッドシステムはどうやって動いているの?

ハイブリッドシステムは、異なる動力源である、エンジンとモータの力を組み合わせて自動車を動かしています。こちらでは、スプリット方式の場合のハイブリッドシステムの動きを紹介します。

実際にハイブリッドシステム(スプリット方式)の動きを見てみましょう。

本コンテンツはJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定にて、JavaScriptを有効にしてください。

本コンテンツをお楽しみいただくには、Flash Playerが必要となります。最新のFlash Playerをダウンロードのうえ、ActiveXをONにした状態でご覧下さい。

ページの先頭へ
  • ニュース&トピックス
  • 採用情報
  • 展示会情報
  • 調達情報
  • AW流ものづくりの神髄
  • AW SPORTS

Copyright(C) AISIN AW CO.,LTD. All Rights Reserved.