アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  • 日文
  • 英语
  • 中文
 
  1. HOME>
  2. 製品事業>
  3. 駆動系>
  4. 教えて!AT・CVT・ハイブリッドシステムの仕組み:AT

教えて!AT・CVT・ハイブリッドシステムの仕組み

オートマチックトランスミッションは、エンジンの力をタイヤに伝える、重要な部品です。
現在では、多くの車に採用されている変速システムですが、非常に複雑で精密な構造になっています。
ここでは、AT、CVT、ハイブリッドシステムの仕組みについて、分かりやすく紹介します。

  • AT
  • CVT
  • ハイブリッドシステム

オートマチックトランスミッションとは?

オートマチックトランスミッション(AT)は、エンジンの力を効率的にタイヤに伝える役割をもっており、エンジンからの回転がタイヤに伝わるまでの間に取り付けられています。
自動車の走行状態に合わせてギヤを自動的に変え、エンジンからの回転をタイヤに伝えています。
ATは、坂道などに必要な大きな力、走行時に必要な回転スピード、停止したときの動力の切り離し、後退時に必要な回転を逆にするなどの、エンジンだけではおぎなえない働きがあります。

ATの種類

ATは、エンジンが自動車に対して縦に取り付けられるのか横に取り付けられるのかによって2つのタイプに分けることができます。これらは、自動車に搭載されるエンジンの向きや駆動方式にあわせるため、外観や内部の部品配置が異なります。ただし、機能に関しては基本的に同じ働きをします。

縦置きエンジンレイアウト

エンジンが自動車に対して1軸上に取り付けられるタイプで、胴回りを細長くしています。

横置きエンジンレイアウト

エンジンが自動車に対して横に取り付けられているタイプで、多軸で全長を短くしています。

縦置きエンジンレイアウトの駆動方式

FR車(フロントエンジン、リヤドライブ)
エンジンが自動車の前部にあり、リヤタイヤを駆動します。
4WD車(4輪駆動、FR車ベース)
エンジンが自動車の前部にあり、4つのタイヤを駆動します。

横置きエンジンレイアウトの駆動方式

FF車(フロントエンジン、フロントドライブ)
エンジンが自動車の前部にあり、フロントタイヤを駆動します。
4WD車(4輪駆動、FF車ベース))
エンジンが自動車の前部にあり、4つのタイヤを駆動します。
MR車(ミッドシップエンジン、リヤドライブ)
エンジンが前輪と後輪の間にあり、リヤタイヤを駆動します。
RR車(リヤエンジン、リヤドライブ)
エンジンが自動車の後部にあり、リヤタイヤを駆動します。

ATの構造と仕組み

ATは、エンジンからの回転をプラネタリギヤトレーンに伝えるトルクコンバータ、その回転を変速してタイヤに伝えるプラネタリギヤトレーン、自動車の走行状態にあわせてプラネタリギヤトレーンに変速の指示を出す油圧装置の3つで構成されています。
一般的に、この3つをATの3要素といいます。

本コンテンツはJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定にて、JavaScriptを有効にしてください。

本コンテンツをお楽しみいただくには、Flash Playerが必要となります。最新のFlash Playerをダウンロードのうえ、ActiveXをONにした状態でご覧下さい。

実際にATの動きを見てみましょう。

本コンテンツはJavaScriptを使用しています。ブラウザの設定にて、JavaScriptを有効にしてください。

本コンテンツをお楽しみいただくには、Flash Playerが必要となります。最新のFlash Playerをダウンロードのうえ、ActiveXをONにした状態でご覧下さい。

ページの先頭へ
  • ニュース&トピックス
  • 採用情報
  • 展示会情報
  • 調達情報
  • AW流ものづくりの神髄
  • AW SPORTS

Copyright(C) AISIN AW CO.,LTD. All Rights Reserved.