NEWS

2018年12月24日 「天皇杯」全日本レスリング選手権大会 結果報告

12月20日(木)~23日(日)の4日間で駒沢体育館(東京都)で行われた全日本レスリング選手権大会に渡利璃穏選手(68㎏級)と角谷萌々果選手(53㎏級)が出場しました。渡利選手の階級はリーグ戦方式で行われ、1~3回戦を順当に勝ち、最終対戦の相手は東新住建所属の土性沙羅選手。一進一退の攻防が続きましたがあと一歩届かず、準優勝となりました。また角谷選手の階級はトーナメント方式で行われ、初戦を突破し、準決勝の相手は2018年世界選手権55㎏級優勝者の向田真優選手[至学館大]。最後まで戦う姿勢を崩さず健闘しましたが惜敗し、続く3位決定戦でも敗退となりました。

渡利選手コメント

今大会の目標は攻めて勝つことでしたが、最終試合ではタックルからポイントを取りきることができず負けてしまいました。来年6月にある全日本大会では、どんな内容でも必ず勝つことを目標に、残り半年間、全力で練習に励んでいきます。これからも応援よろしくお願いします。

角谷選手コメント

たくさんの応援ありがとうございました。準決勝で負けてしまい、結果を残すことができませんでしたが、この経験を糧に次の試合に向けて頑張っていきたいと思います。

渡利選手 試合の様子(青)
渡利選手 試合の様子(青)
渡利選手 試合の様子(赤)
渡利選手 試合の様子(赤)
角谷選手 試合の様子(赤)
角谷選手 試合の様子(赤)
角谷選手 試合の様子(赤)
角谷選手 試合の様子(赤)
渡利選手 表彰式の様子(左端)
渡利選手 表彰式の様子(左端)
応援の様子
応援の様子

NEWS一覧

PAGE TOP

お手数ですが、お使いのメールソフトに下記アドレスを入力してお問い合わせください。

閉じる