CSR 環境保全活動

仕入先・グループ企業との連携

環境マネジメントシステム(EMS)をベースに『法順守』『未然防止』『パフォーマンスの向上』の3つの柱で環境保全活動を推進しています。
この考えをもとにAW国内・海外グループをはじめ、仕入先へ展開し、グローバルに取り組んでいます。

化学物質管理

化学物質はアイシン・エィ・ダブリュの企業活動に多くの利便性をもたらすとともに、環境負荷の一要素となります。
私たちは化学物質の恩恵を活用するとともに、環境負荷を最小限にするよう努めています。

油脂・薬剤の例:事前評価制度と管理システム

新規油脂・薬剤の使用を計画する部署は『SDS』を基に関連する法令のチェック、排水処理性テストなど行ったうえで使用前に申請します。
次に、環境管理部署が人体、環境への影響を含めた総合的な評価を行います。こうして、許可された油脂・薬剤のみを社内で使用します。

土壌・地下水問題への対応

アイシン・エィ・ダブリュでは、土壌・地下水汚染となる有機塩素系溶剤のうち、トリクロロエチレン、1.1.1-トリクロロエタンを1993年末に全廃するまで使用していた経緯があることから、使用履歴のある事業所について、土壌調査、地下水調査を行いました。その結果、汚染の確認された本社事業所については、最も効果的な方法を検討し、浄化計画に基づき対策を進めてきました。

地下浸透防止対策

油脂類の地下浸透による土壌汚染防止を目的に、地下ピットの溜桝、中継槽等を対象にライニング処理を進めてきました。2008年5月に既存設備の全88ヶ所に対し、対策を完了しました。また新規設備においても設計段階からこの仕様を織り込むことを前提に設備導入を実施しています。
さらに2011年度からは、3ヶ年の計画で埋設配管の見える化を実施しています。

大気

大気への環境負荷を軽減するために最新技術を取り入れた設備対策、有害物質の排除、およびクリーンエネルギーの導入等の活動を推進しています。

有害物質排出量の削減

焼却炉から有害物質を発生させないため、燃焼管理の徹底・排ガス除去装置の設置により塩化水素ガス・ダイオキシン類等の有害ガスの発生抑制・除去を実施しています。
また、継続的に測定監視を実施し排出基準の遵守に努めています。

有害物質発生抑制・除去フロー

水質保全活動

社内で発生する含油排水・生産工程排水・生活廃水は総合排水処理施設で一括処理し、また工場内に降った雨水も油分離槽を設置し、水質汚染の防止に努めています。
また、処理水の一部を工業用水として循環リサイクルし水省資源化にも努めています。

処理水リサイクルフローと異常排水原水リターンシステム

①処理水は工業用水・緑化散布水などでリサイクルします。
②異常排水は自動制御で即、放流停止後、原水槽へリターンします。

雨水処理体制

アイシン・エィ・ダブリュは工場内のすべての雨水を油分離槽および、社内調整池に回収し、油類が河川に流出しない体制を整えています。

岡崎東工場のビオトープ

岡崎東工場のビオトープは、排水処理場からの放流水が流れる小川を中心に、地域の動植物が暮らす場です。
下流の河川にすむメダカやカワムツをこの小川に放流し、生態系に影響のないことを確認しています。

岡崎東工場

騒音

アイシン・エィ・ダブリュは、未然防止を重点に騒音対策に取り組んでいます。発生源対策を第一に、計画段階で低騒音仕様を施設・設備・機械などに盛り込んでいます。また、必要に応じて設備・機械に防音ボックスを設置するなど、作業環境を含め低騒音に努めています。
各工場では、定期的に騒音測定を敷地境界で行い、基準値以下であることを確認しています。

騒音に対する対策

敷地境界へ影響を与える設備に対しては、計画段階の評価だけでなく、更新などの変化点に対しても確実に再評価できる仕組みで防音対策に取り組んでいます。

  • ファンの防音のため、カバーの取付

  • 煙突の出口に吸音パネルを設置

緑化

緑と花に包まれた工場づくり

  • 地域住民との融和と信頼を確保する
  • 働く人々に安全、快適で健康な職場をつくる
  • 全員参加でコミュニケーションを向上する
  • 企業のイメージアップを図る

アイシン・エィ・ダブリュは、上記4項目を基本的な考え方とし
全員参加の花いっぱい運動、敷地内の自然林の保護、工場緑化5ヶ年計画策定などを進め、緑と花に包まれた地域開放型工場を目指しています。
それらの活動が認められ、以下のような賞を受賞しました。

  • 工場緑化通商産業大臣賞受賞

  • 全国花のまちづくりコンクール農産園芸局長賞受賞

全員参加の花いっぱい運動全拠点合計:48花壇

  • 本社

  • 蒲郡工場

  • 田原工場

  • 岡崎工場

  • 岡崎東工場

緑とのふれあい(緑あふれる休憩場所の設置)

従業員の満足度向上の一つとして休憩所を増設しました。
樹木や芝生を植えたり、健康器具を設置するなどして良い環境で休憩できるよう、公園・庭園風になっています。

屋上緑化

「ものづくりセンター」の屋上緑化(約2,000㎡)が2005年に愛知県で初の屋上緑地帯に認定されました。屋上緑化は空調エネルギーの低減にも寄与しています。

季節の花々

春には桜やツツジ、冬にはパンジーなど植物により従業員または来客の方々が季節の移り変わりを感じることができます。

  • 本社の桜

  • 岡崎工場従業員駐車場のツツジ

  • 岡崎東工場の蓮の花
    ※ビオトープで咲きました

  • 蒲郡工場のツツジ

「いこいの水辺」(公園的なビオトープの整備)

社員のコミュニケーション向上の場として、本社工場の雨水調整池の周辺に散策路や芝生広場を設置しました。
公園的なビオトープとして、季節を感じることができる草花や実のなる樹木を植え込みました。

  • 南側建物の3階から

    中央に芝生の休憩広場、池の周囲に散策路(1周約 250m)が整備されています。

  • 芝生広場から西方向を望む

    池全体を見ることができ、23号線が見えています。芝生広場では、
    30名程度が休憩できるベンチを設置しています。

PAGE TOP