CSR リスクマネジメント

基本的な考え方

アイシン・エィ・ダブリュは、企業経営に重大な影響を及ぼすさまざまなリスクに対し、「人命第一」を最優先に、被害を最小に抑えるとともに、迅速な復旧対応を図ることを経営の重要課題の一つと考え、危機に強い企業づくりを目指しています。

また、AWグループ各社との連携体制のもと、リスクマネジメント体制の強化やリスク対応力の向上に努めています。

体制

アイシン・エィ・ダブリュでは、社長を委員長とし、全取締役、執行役員(非常勤を除く)と全監査役(非常勤を除く)をメンバーとした「企業行動倫理委員会」等において、全社的にリスク発生の未然防止とリスク発生時の対応力の強化に努めています。

従業員への周知徹底

アイシン・エィ・ダブリュでは、リスク発生時を想定した行動計画を標準化し、大規模地震や火災などを想定した訓練を通じて、従業員への周知徹底を図るとともに、行動計画の妥当性を評価し、実効性のある行動計画の策定を目指しています。

リスクへの備え

アイシン・エィ・ダブリュでは、「大規模地震」や「新型インフルエンザの大流行」など、事業を中断する危険性の高いリスクに対して、人命第一を最優先に、地域への影響に十分配慮し、対策や事業継続計画づくりを進めています。

PAGE TOP