ニュース&トピックス

2016年10月03日

アイシングループ、「第23回ITS世界会議 メルボルン2016」に出展

アイシングループ ブースイメージ

 

当社をはじめとするアイシングループ3社は、10月10日(月)から14日(金)まで、「The Melbourne Convention and Exhibition Centre (MCEC)」(オーストラリア・メルボルン)で開催される「第23回ITS世界会議メルボルン2016」に出展します。

 

今回は「夢を叶える未来のモビリティライフ」をコンセプトに、“社会とあなたをつなぐ”“乗る喜びを感じる”“あなたを見守る”の3つのうれしさを実現する製品や技術を紹介します。


当社からは、「自動運転を支援する走行レーンを判別できる超高精度ロケーション」と「地図情報を活用した危険シーン予測」に関する映像を展示。また、「地図自動生成機能の開発」と題した論文を発表します。
展示会場近郊の「Albert Park Circuit」で行われるショーケース(屋外デモンストレーション)では、実車によるデモンストレーションを実施。アイシングループが自動運転に貢献すべく開発している以下の技術をご覧いただきます。

 

「ドライバー異常時対応システム」

  1. ドライバーモニターシステムを応用してドライバーの運転不能状態を検知し、車両を安全に路肩に退避させる。
  2. ユーザーのボタン操作でシステムが起動し、車線情報・工事情報などから安全な場所を検索して車両を停車させる。


「リモコン駐車」

  1. 人の乗り降りしにくい狭い場所にスマートフォンを使って無人で駐車させる。
  2. 狭い場所に駐車した車両を、スマートフォンを使ってユーザーの前まで無人で移動させる。

 

また展示ブースでは、4種類の形態に変形させることで多用な用途に対応する1人乗りの電動モビリティ「ILY-A」の展示を行います。

 

論文出展

・「Development of Automatic Map Creation Function」(アイシン・エィ・ダブリュ)
・「Safe Vehicle Trajectory Prediction Using Deep Neural Networks and Camera Images」(イムラ・ヨーロッパ)
 

※ アイシン精機株式会社、アイシン・エィ・ダブリュ株式会社、株式会社アドヴィックス

 

 

 

PAGE TOP