ニュース&トピックス

2017年08月11日

FIBA U19女子バスケットボールワールドカップ2017に出場した選手よりコメントが届きました

7月22日~30日までイタリアで行われましたU19女子バスケットボールワールドカップ2017では過去7位の成績を大きく上回る「世界4位」の好成績を残しました。ウィングスから選出された宮下選手、江良選手、髙原選手より大会を振り返ってのコメントが届きました。

 

 

宮下 希保
すごく刺激を受けた大会でした。たくさんの同年代の選手のプレーを学ぶことができ、また、海外の選手のプレーを肌で感じることができたことは、私にとって本当に貴重な経験となりました。この経験を生かして、これからもウィングスの一員として頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。

 

 

江良 萌香

この大会を通して今まで経験したことのない雰囲気や他の選手との違いを実感することができました。自分の課題も明確にすることができたので、その課題と向き合い、レベルアップに向け、日々練習に精進していきたいと思っています。今回の経験を必ず自分の物にして成長につなげ、ウィングスの一員として勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援ありがとうございました。

 

 

髙原 春季

この大会ではフィジカルの強さや体の大きさ、スピード、技術など、試合を通して感じるものがたくさんありました。またU19代表のヘッドコーチが「勝利の女神は細部に宿る」と常に言っていたのですが、本当にその言葉の意味をこの大会で痛感しました。ここで得た経験を必ず次に生かし、精一杯頑張っていきたいと思います。皆さんの声援がとても力になりました。ありがとうございました。

 

宮下 希保

すごく刺激を受けた大会でした。たくさんの同年代の選手のプレーを学ぶことができ、また、海外の選手のプレーを肌で感じることができたことは、私にとって本当に貴重な経験となりました。この経験を生かして、これからもウィングスの一員として頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。

 

江良 萌香

この大会ではフィジカルの強さや体の大きさ、スピード、技術など、試合を通して感じるものがたくさんありました。またU19代表のヘッドコーチが「勝利の女神は細部に宿る」と常に言っていたのですが、本当にその言葉の意味をこの大会で痛感しました。ここで得た経験を必ず次に生かし、精一杯頑張っていきたいと思います。皆さんの声援がとても力になりました。ありがとうございました。

 

髙原 春季

この大会ではフィジカルの強さや体の大きさ、スピード、技術など、試合を通して感じるものがたくさんありました。またU19代表のヘッドコーチが「勝利の女神は細部に宿る」と常に言っていたのですが、本当にその言葉の意味をこの大会で痛感しました。ここで得た経験を必ず次に生かし、精一杯頑張っていきたいと思います。皆さんの声援がとても力になりました。ありがとうございました。

PAGE TOP