ニュース&トピックス

2019年09月27日

アイシングループのコネクティッド技術とセンサ情報分析技術を活用し、 道路維持管理支援サービスの実証実験を岡崎市で開始

当社とアイシン精機株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:伊勢清貴)は、岡崎市とともに、道路維持管理支援サービスの実証実験を2019年10月2日より開始いたします。
道路維持管理支援サービスとは、走行車両で収集したデータから道路の異常を検知し、その情報の提供、補修に向けた計画支援、対策実施といった、道路の維持管理のトータルサービスであり、従来の道路維持業務をより効率的に改善できるサービスとなります。
市民の皆様に、安心して道路を活用いただくためにも、道路の維持管理業務は大変重要であり、これまで以上に管理業務の迅速化、効率化が求められています。このような問題に対し、アイシングループが持つ、コネクティッド技術、センサ情報分析技術にて、車両で収集したデータを活用することにより、道路パトロール業務、管理者の補修計画作成業務を支援するサービスを提供し、管理業務の迅速化、効率化を実現し、市民の皆様が安全に、安心して道路を利用して頂ける環境を実現してまいります。

(1)実証実験概要

(2)実証実験期間

  2019年10月2日(水)~2020年3月31日(火)
 

PAGE TOP