技術・製品情報 AWのVehicle Information Technology

「馬のような優れたクルマづくり」を目指して、
時代をリードする製品作りに挑戦し続けます。

アイシン・エィ・ダブリュは、知性をもち、乗り手の意思に忠実で、状況にフレキシブルに対応できる、「馬のようなクルマづくり」を目指してきました。

クルマの「頭脳」となって、「画像と音声によって初めての道でも安全に安心して目的地まで到達できる道案内システム」を提供したいと考え、1985年、秋葉原の地に技術者7名の研究所を開設し、カーナビの開発を始めました。

そして、1992年、音声案内機能を持つ画期的なボイスナビゲーションシステムを世界で初めて開発。トヨタ自動車のフラッグシップモデルであるセルシオに採用されました。

時代に先駆けた製品を次々に開発

1997年に「AV一体型ナビ」、1998年に、カーナビからの道路情報をもとにATのシフトを制御する画期的なシステム「NAVI-MATIC」、さらに 2007年には、新しく開通した道路データをナビに送り、ナビ本体で地図データを更新する「地図差分配信システム」など、世界初の製品を次々に開発。単なる道案内にとどまらない、「クルマのシステムインテグレータ」ともいうべきさまざまな製品をつくりだし、カーナビ分野の先駆者的役割を果たしてきました。

情報系 製品ラインアップ

世界No.1ナビを創出し続ける開発拠点

継続的な次世代技術の創出に向けて建てられたナビテクニカルセンター

各階を見通しの良い大部屋とし、各階の距離を短縮することで一体感のあるコミュニケーション空間を形成。そして、製造・評価・試作との連携を取り易くすることで、現地・現物の確認しやすく、効率的な技術開発を実現できる環境としています。

また、シリコンバレーにも拠点を構え、技術者を派遣し、最先端の技術開発を行っています。

世界中の国と地域をカバー

「正確な地図案内で、安全に、安心して目的地に着ける本物のナビゲーションをつくりたい」という夢の実現に向けた取り組みが、デファクトスタンダードとなる製品をつくりだし、ワールドワイドに展開。

現在では世界中の自動車メーカー、カーエレクトロニクスメーカーに採用されています。

取引先一覧

ワールドワイドなカーナビ対応エリア

PAGE TOP