アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 リクルーティングサイト

社員紹介(技術職)

学生時代の研究と、趣味の旅行。
知識と経験を活かして
新製品を企画。

明るくフランクな社風が入社の決め手。

大学院では情報系を専攻し、音声の信号処理を研究していました。専攻が生かせる就職先を、おもに聴覚障がい者向けの説明会で探し、出会ったのがAW。旅行が好きなこともあり、AWの主力製品の一つであるカーナビに興味を持ったことが理由です。入社の決め手は、人事担当者の対応や会社見学時の印象から、堅苦しさのない元気な社風を感じたことでした。

配属先は、2012年にできたばかりの新しい部署。VIT事業の将来の主力を担う、ナビにとらわれない新製品を企画しています。「クルマに関わる製品」という大きなカテゴリで今までにない製品を企画し、市場調査から試作、ビジネスモデルの構築まですべて行います。まだ企業秘密ですが、私が主導で進めているテーマもあり、頭の中に描いていたアイデアを試作品という形として見られる楽しさを味わっています。

心がけているのは、
正確なコミュニケーション。

部署の全員で製品のアイデアを自由に出し合う中で、まだキャリアの浅い私の意見が採用されたことが、もう何度もあります。気兼ねなく意見を言える環境ですが、コミュニケーションでは気をつけていることがあります。難聴の私は、完全には聞き取れないときでも、話の内容を推測するクセがついていました。でも、仕事で勝手な解釈は許されません。よく聞こえないときは、会社から支給された筆談用ボードに書いて確認しています。先輩も必要に応じて書面にするなど、協力してくださいます。

上司からは、受け身の仕事ではなく、主体性のある提案を期待されています。私は旅行が好きなので、その視点を生かして移動をもっと楽しめる新製品を企画したいと考えています。そして結婚・出産後も仕事を続けていけたらと思っています。

PROFILE

神保 希美

電車やクルマ、バイクでの旅行が趣味。「こんなことができればもっと楽しいのに」と思った自身の経験を、新製品企画に生かす。部長にも直接意見を言えるAWの職場環境は、「他社に就職した友人に話すと驚くほど」だそう。