アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 リクルーティングサイト

高等技能学園|
学園からのメッセージ

できるまでやり抜く。
その先には、
カッコいい大人になった
自分がいる。

アイシン・エィ・ダブリュ高等技能学園は、将来の現場リーダーとして活躍する人材の育成を目的とした学園です。正社員として給与をもらいながら学び、1年後には各技能系職場に配属されます。学園出身者の多くが、早くから頭角を現し、班長や係長に昇格して部下をまとめ上げるなど、学んだことを生かして活躍しています。

では、そのような活躍をするためには、何を身につければいいのでしょうか?

まず必要なのは、モノづくりに関する知識と技能です。現場で早く即戦力として活躍するには、基礎的なことはもちろん、コアな技能も学んでおく必要があります。そのため学園では、長年指導に携わっている専任指導員に加え、製造現場を直近まで経験していた社員を指導員に招いています。

しかし、知識や技能以上に身につけてほしいものがあります。それは、明るく元気に行動する姿勢。最後までやり抜く強いハート。そして、自分で考え、自分の言葉でものが言える力。そのような力を持った人になってほしいのです。AWは、夢を現実にする会社。正解がない中で答えを導き出し、リーダーとして現場を引っ張っていくのは、皆さんなのですから。

学園の指導員は「教えない教え方」で指導をしています。たとえば学園生の誰かがミスをしたら、注意して終わりではなく、なぜそれが起きたかを自分たちで考え、全員でとことん話し合ってもらいます。自分で考えて答えを出そうとすれば、失敗することもあるでしょう。でも、ここでの1年間は、それが許されます。失敗から学びながら、できないことをできるまで全力でやり抜くのが、この学園の学び方です。

訓練修了時には誰もが最高にいい顔をした、「自分で考え、全力で取り組み、最後まであきらめない人」になっているのを、私は毎年見ています。皆さんの1年後のカッコいい姿が、今から楽しみです。

アイシン・エィ・ダブリュ高等技能学園
野崎 純也