アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 リクルーティングサイト

プロジェクトストーリー
(AT事業)|製造

卓越した性能と品質を、
すべてのATに注入し、世界へ。

製造部門の技術者の仕事は、実際に製品をつくる作業ではない。
すぐれた品質を、いかに短時間で、作業者の負担なく製造できるか。
その方法を考え出し、実現するのがミッションである。

工数を減らし人の負担を低減。

関谷の所属する製造エンジニアリンググループでは、製造時間の短縮と工数低減を実現するため、製造方法の考案や設備の改良を行う。「特に量産前の試作段階で、現場の困りごとを聞いて解決策を考えることが多くあります」。欧州自動車メーカー向けFF8速ATでは、燃費向上を追求した製品設計の影響で、従来品とは部品構成が異なる部分があった。作業者は1つの生産ラインでさまざまな機種の組立を行うが、FF8速ATが流れてきた際、部品が重く作業時に力が必要なため時間も余分にかかるという問題が発生した。この生産阻害要因を解消するため、関谷は生産技術スタッフとともに設備改造に臨んだ。そのラインで組み付ける全機種の部品の重量を測定したうえで、荷重を調節できる補助機能を追加。その結果、FF8速ATの組み付けの場合でも力を入れず時間内に作業できるようになった。

100%良品保証のため
新たな保証方法の開発に挑む。

一方、廣村と岡田の所属する品質グループの役割は、製品ごとにAWとして保証できる品質の基準を制定し、その品質が確保できる生産体制を確立すること。各工程における品質チェック体制づくりのほか、部品仕入先へのアドバイス・監査や、過去の製造上の問題点から不良を予測し設計にフィードバックするSE(Simultaneous Engineering)活動を行う。

「FF8速ATで特に課題となったのは、欧州自動車メーカー向け製品の静粛性の保証方法でした」と廣村。生産ラインのスピードに合わせ、100%良品保証のため従来と異なる保証方法を設計、生産技術スタッフと共同で何度も試行錯誤し、量産の直前、ようやく実現可能な保証方法にたどり着いた。

お客様や社内のメンバーからの感謝が、
仕事の喜び。

品質グループの2人は、製品の最終形を目にする機会が多い。岡田は「量産試作から量産までに発生した品質課題や、高い顧客要求を限られた時間の中でクリアし、とある欧州自動車メーカー初のFF車に搭載された製品の、大プロジェクトに関われた実感がある」と言う。また、「高い顧客要求に対して、具現化してきた結果、製品を目の前にし、お客様から感謝の言葉を言っていただけること。他部署ではなかなか味わえないと思います。」と廣村は語る。彼らに対して関谷は、最終製品に対しての業務をする機会は少ないが、「『設備が使いやすい』『人を増やさずに新製品に対応できた』と現場に喜ばれたときや、工数を削減できたときに、大きな手応えを感じる」と言う。それぞれ視点は異なるが、間違いなく言えるのは、彼らの仕事が累計生産台数1億台のATを、1台として不具合なく世界へ送り出しているということである。

PROFILE

  • 廣村 和秀

  • 関谷 美帆

  • 岡田 隆正

Facebookページ「AW Palette」ですが、
掲載を終了させていただきました。
閲覧いただきました皆様へは心よりお礼申し上げます。

弊社採用HPにて情報を発信してまいりますので、
何卒ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
人事部 リクルートグループ 新卒採用担当